ホーム >> NPOから提供する情報 >> 子育て中のママ・パパが知りたい情報

子育て情報

『子育て中のママ・パパが知りたい情報』

乳幼児編

授乳 母乳は赤ちゃんにとって理想的な栄養バランスと免疫効果がありますが、時によっては乳児用粉ミルクの併用もとりいれましょう。
入浴・スキンケア 赤ちゃんはとても汗っかき、毎日体を洗って清潔にしましょう
睡眠 赤ちゃんのための心地よい快適な睡眠のスペースを確保しましょう、ママが世話をしやすく目の届きやすい場所を選びましょう。
食事 赤ちゃんの首がすわり、支えがあれば座れるようになり、食べ物に興味を示すようになれば、離乳食を始める頃合いです。
おむつ 布おむつと紙おむつの洗濯は両方の特徴を知って使い分け。赤ちゃんの発達状況(ねんね~おすわり~あんよ)に応じておむつの形状や機能を選択しましょう。
着替え 赤ちゃんの肌着は①汗を吸い取るための短肌着 ②温度調節の肌着 ③ウエア を季節や室内・外出などの条件に合わせて赤ちゃんが過ごしやすい様に組み合わせます。赤ちゃん用の肌着のサイズや種類、各何枚程度あるのかも調べておくと、次の買い揃えにも役立ちます。
遊び 赤ちゃんは遊びで成長します。音や色に反応し、手や足に触れたものをつかんだりさわったりする事で、「遊び」が五感や手足の動き、運動機能を育てます。ママが赤ちゃんと一緒に遊び、声をかけることによって、赤ちゃんの成長を実感できるでしょう。
健康・病気 赤ちゃんは生後6ヶ月ごろまでは、ママからもらった免疫力により余り病気にかかりません。しかしこの頃を過ぎる頃になると発熱や発心など病気のサインを見逃さないように日頃から赤ちゃんの健康状態をチェックしておいて、もし病気になって病院に行く必要がある場合には赤ちゃんの様子をしっかりとお医者さんに伝え、正しい診断をしてもらえるようにしましょう。
事故・安全 赤ちゃんの命を脅かす危険な事が家の内外でも沢山あります。交通事故や転落・転倒など思わぬ事故で亡くなるケースも後を絶ちません。赤ちゃんに起こりうる事故を想定して、事故の要因を事前にできるだけ取り除くようにしておきましょう。
パパの育児 ママが日常行っている育児はパパにだって出来ないはずはありません。おむつ替えやお風呂に入れること、ミルクを飲ませる事、赤ちゃんを遊ばせる事、ほかに家事を手伝ってママの負担を減らせることなどいくらでも協力する事は出来ます。パパも育児に積極的に参加しましょう。
乳幼児の一時預かり 仕事や急病・家族の介護などのため、家庭での育児が困難となった時に一時的にお子さんをお預かりする制度です。
子育て支援 鎌ケ谷市では安心して子育てが出来る環境づくりを目指した、子育て支援事業を行っています。関連情報=子育て子育ち応援サイト「かまっこ応援団」

関連サイト:

  1. ベビータウン“ママと赤ちゃんの365日応援サイト”
  2. 鎌ケ谷市・子育て子育ち応援サイト"かまっこ応援団"
  3. 子育てインフォ“役立つ育児情報がいっぱい”
  4. 妊娠・出産から子育て育児を支援するポータルサイト"こそだて"

鎌ケ谷市の子育て支援情報

こども課 支援内容・情報
こども支援室 ①市内の児童センター ②市内の児童遊園一覧 ③放課後児童クラブ一覧 ④子ども医療費の助成制度 ⑤未熟児養育医療給付 ⑥児童手当 ⑦児童扶養手当 ⑧ひとり親家庭等医療費等助成 ⑨遺児手当 ⑩ひとり親家庭等援護支度金
保育支援室 ①市立保育園一覧 ②私立幼稚園就園奨励費補助金 ③一時保育制度 ④病後児保育制度 ⑤認可外保育施設利用者助成 ⑥家庭的保育(あっとホームママ)制度
子育て総合相談室 ①家庭児童相談室(児童虐待など相談を含む) ②子育て短期支援事業(子どもショートステイ) ③ファミリーサポートセンター ④ひとり親家庭の支援
子育て支援センター ①子育て家庭の支援

関連サイト:

  1. 市内保育園一覧
  2. 市内幼稚園一覧
  3. 一時保育実施保育園一覧
  4. 病後児保育実施施設
  5. 家庭的保育(あっとホームママ)
  6. ファミリーサポートセンター
  7. こども発達センター
  8. さわやか県民プラザ“親力アップ いきいき子育て広場”
pagetop