ホーム >> NPOから提供する情報 >> [NPO独自取材] NPO法人かまがや地域情報の窓 設立十周年記念ミニパーティ

NPO法人 かまがや地域情報の窓 設立十周年記念ミニパーティーを開催!

平成25年10月6日(日)市の公共施設、中央公民館4階学習室1で当NPO法人設立10周年を記念して、設立当初から今日に至るまでNPO法人活動にご協力とご支援をして下さった多くの会員及び関係団体、また当NPO法人活動に参加して下さった市民の皆様にご参集いただき、ささやかではありますが感謝のパーティーを開催いたしました。

会場内にはNPO活動10年を振り返る、設立時までに作成した千葉県庁に提出する申請書類や、NPO設立準備のために用意をしたNPO設立の提案書など、また当NPO法人活動で今まで実施した各種講座の資料や活動を紹介する展示物、イベント開催を示す参加者募集のポスター等を会場内に掲示板を立てて展示しました。メインテーブル中央には生花を配して、周りをパーティー用のお料理やお菓子、飲み物などを並べてパーティーの雰囲気を盛り立てます。

設営準備が整った会場 活動を紹介する展示物 メインテーブルを飾るお花とお料理
テーブルフラワーが素敵だ 準備も整いパーティ開始を待つ実行委員 リハーサル中の高村さん

会場中央には本日のイベントを知らせる看板の代わりにパワーポイントで「設立十周年記念パーティー」の文字が表示されました。会場には受付開始前から既に参加者の方も数名お越しになり、定刻の午後2時30分には司会担当の渡部 恭子さんの進行で、設立十周年のミニパーティーが始まりました。本日の参加者は事務局も含めて38名でした。

最初に、当NPO法人の理事長(川俣 蓁)から、本日参加の皆様へ今まで当NPO法人を支えご協力頂いたことに対して、感謝の意を表しました。続いて、設立から今日に至るNPO活動の経過をパワーポイントで説明をいたしました。

司会進行役の渡部さん 活動報告を説明する理事長(川俣) NPO設立10年の歩みを説明

説明内容の要旨:

当NPO法人は平成15年6月に千葉県庁の認証を受けて設立以来、今年の6月で満10年を迎えました。振返れば、当NPO法人も設立当初は最低限必要な発起人10名からスタートして、活動資金も無い中で発起人の皆様に出資をお願いしこれを活動原資としてNPO活動を始めました。その後NPO活動を続けて行く中で、設立4年後にはすべての出資金を完済することが出来ました。平成25年度5月の時点では正味財産も約135万円程に増えてきています。

NPO活動を続ける上で会員の会費及び寄付金だけでは満足な活動を続ける事は難しいので、設立時の鎌ケ谷市民とその周辺地域にお住いの市民の方に役立つ『鎌ケ谷ポータルサイト』を立ち上げ、以後今日までサイトの運営・管理を継続してきた経験を活かしたHP関連事業を広め(市の委託事業や民間の委託事業など)、この10年間の収支推移表を示して、毎月の収入はそれほど多くなくてもこれが安定したNPO法人への収入源となっていると説明した。

この後NPO法人で取り組んできた各種事業や文化活動の事例を紹介し、昨年新しく始めた「子どもロボット工作教室」についても、説明を行ってこの会場でも講師を担当される冨澤さんから「自走ロボット」や「迷路探査ロボット」等のデモを行っているので、ご覧になって欲しいと補足した。

最後に今後のKAIS活動の展望について、現在当NPO法人が行っている活動の他に、地元でも少子高齢化が急速に進む中で、当NPO法人として何が出来るのかを考えた場合、やはり市民に役立つ健康・福祉の面でKAISの特色を活かした、地域社会貢献活動をしたいと述べた。
 具体的にはKAISが今までの活動で培った市民との人脈を生かし、高齢者や子供たちが自由に集い相互に交流できるコミュニティー広場の様なものを新たに設置して、健康・福祉分野にも活動範囲を広げ、今後5年間ほどで現在非営利活動事業のみとなっている事業を収益事業も取り扱うようにして、将来的には地元での雇用に繋がればKAISとして地元の経済活性化に貢献できるではないかと結んだ。

この後、司会より本日ご出席いただいた来賓の方の紹介や、NPO活動で講師を務めて下さった方、そして当NPO法人役員(6名)の紹介をいたしました。

来賓のKIFA長南会長 来賓のNPO法人きらら松村理事長 来賓の移動支援ネットワークちば 須貝代表
鎌ケ谷にぎ愛広場 高橋理事長(左2番目) 十周年記念に参加された皆さん(1) 十周年記念に参加された皆さん(2)

続いて、来賓として出席された鎌ケ谷市市議会議長の芝田 裕美様より設立十周年の祝辞を戴きました。芝田様は以前より当NPO法人の会員として、各種行事にも参加をしていただいています。最近は市議会議長として公務がお忙しくなかなか参加の機会が少なくなっておられますが、ご挨拶の中で当NPO法人が設立当初から手掛けたインターネットで市民生活に役立つ地域情報提供の有効性を説明され、また文化交流活動(プリザーブド・フラワー教室やロボット工作教室など)で参加された市民との交流を通じて地域の交流を図り、こうした市民活動により豊かな地域を支え合う核となり、震災などの時に互いに手を差し伸べることが出来る様に、議会としても地域活動を下支えしてより良いまちづくりに務めて行きたいと話されました。

そして、鎌ケ谷市国際交流協会の長南 勇会長より祝辞と乾杯の音頭を取って頂きました。

来賓でご挨拶される芝田市議会議長 議会も市民の地域活動を支えたいと話された KIFA(国際交流協会)会長の乾杯の音頭

司会より暫しご歓談くださいとの案内で、ようやく皆さんは中央のテーブルに並んで食べ物や飲み物を手に参加者の方々と歓談をされていました。

KAIS設立10周年パーティ開催のビデオ

歓談中の皆さん(1) 歓談中の皆さん(2) 歓談中の皆さん(3)
ロボット工作教室の子ども達も参加 お嬢ちゃん好きな食べ物あるかな? ロボット工作参加の保護者と話す冨澤さん
歓談中の皆さん(4) 音楽家の高村さんと記念写真 スタッフもパーティが上手く進行して一安心

しばらく歓談の後、司会より本日ゲスト出演をしてくださるフルート演奏家の高村 美穂子様とピアノ伴奏をされる池嶋 小雪さんをプロフィールを含めて紹介しました。音楽を演奏される冒頭に高村さんから挨拶があり、その中で鎌ケ谷に住んで既に20年、また障がいを持つ御嬢さんもおられて、こうした環境から地域の人たちとの交流の大切さを知ったと話されました。本日の演奏曲は4曲で最初はフルートとピアノ伴奏による「花は咲く」、続いて皆さんになじみの深い童謡から「赤とんぼ」「もみじ」「里の秋」を、皆さんと合唱をしました。合唱の時には参加者の方の中でコーラス活動をされておられる方もいて、二重奏の様な形で合唱を楽しんでおられました。

フルート演奏家の高村さんと
ピアノ伴奏の池嶋さん
最初はおなじみの「花は咲く」から ピアノ伴奏をされた池嶋さん
参加者全員で合唱(1) 参加者全員で合唱(2) 懐しい童謡を合唱が出来て皆さんも満足!

主催者側としても、この様な楽器演奏や参加者全員が合掌するパーティーの進め方は、本当にその場を和やかにしてくれて心地よく、参加された皆さんも喜んでおられたので、高村さんと池嶋さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

再び、司会よりしばらくの歓談と、この後は「子どもロボット工作教室」の講師を務めておられる、冨澤さんからこのロボット教室開催の経過と、子供たちに一人でも多く鎌ケ谷市内から参加をして欲しいと話された。会場でも歓談中には冨澤さんのロボットデモのコーナーで終始このロボット自走デモには興味を示される方も多くて、説明を聞きながら自走ロボットが八の字型の軌道上をコースを外れること無く、上手く走行する様子に質問も多く関心をされていました。

子どもロボット工作教室の冨澤さんが説明 今回は2種類のデモ用ロボットを持参して説明 迷路探査ロボットについては皆さん興味深々!

そして、この設立十周年記念パーティーもあっという間に時間が過ぎて、4時30分少し前に金井 信也副理事長の御礼の挨拶と中締めを行いました。会場出口で我々がお見送りした際にも、皆さんからパーティーが楽しかったとお褒めのお言葉を頂きましたので、主催者側としてもまずはパーティーの成功を喜び、これからのNPO活動を続ける中で皆さんのご期待に沿える活動を継続できるか責任を感じます。

中締めの挨拶をする金井副理事長 パーティが終わって皆さんをお見送り 裏方で受付を担当された実行委員

(レポート:S.K)

pagetop