ホーム >> NPOから提供する情報 >> [NPO独自取材] 第4回 おもてなし料理教室を開催

第4回 おもてなし料理教室を開催

当NPO法人が主催する第4回おもてなし料理教室を2月5日(金)午前10時~午後1時の間、東初富公民館で開催しました。毎年1回開催するこの料理教室も4回目とあって、レピーターの方たちも全体の60%を占めて、顔見知りの方も多く、和気あいあいとお料理作りに取り組んでおられました。本日の指導は橋本先生とアシスタントの斉藤さんでした。

講師から最初に説明とお手本を示します 男性の方もキャベツの芯のくり抜きに挑戦

 毎回、この料理教室の講師を務めて頂く、橋本先生は地元のお料理研究家として、参加された方たちからも丁寧に教えてくださるので分かりやすく、何よりもここで学んだお料理の作り方が、家庭でも、小グループの集まりでもパーティー料理として利用できることが一番うれしいと感想を述べておられました。

当日講師の方が作られた豪華な5品のお料理

 第4回のお料理は、5品で①丸ごとキャベツ ②ブロッコリーのミモザサラダ ③ベークドポテト ④チーズのココロット ⑤たこのカルパッチョでした。参加者は16名で男性の方も1名参加されました。

丸ごとキャベツの料理に取り組む サラダ用のパウダー作り ベークドポテト用のジャガイモ加工
テーブルに完成した料理が並ぶ 手前はべークドポテト 完成したお料理をいただく皆さん

今回のおもてなし料理は、キャベツ丸ごと1個を使った、ボリュウームがあり、食べても美味しく、家庭ではそのキャベツを2~3に分割して、それぞれ別の味付けにする事により、また違った味付けを楽しめるので応用範囲が広くなります。

参加された方は、ベテラン主婦の方も多くて、各テーブルごと(4名1組)お料理を分担して手際よく作られていました。

今回は全5品に加えて、サプライズメニュートしてアイスクリームのデザートとフランスパンを切り分けたもの、紅茶もサービスされてまるでコース料理を頂いているようだと、参加された皆さんも試食の後は満腹され参加されたことを喜んでおられました。

レポート:S.K

pagetop