ホーム >> NPOから提供する情報 >> 高齢者のための福祉制度の紹介

高齢者の福祉

『高齢者のための福祉制度の紹介』

1.市の「高齢者支援課」が取り扱う業務

担当係 取扱う業務内容
高齢者福祉係 高齢者の福祉に関すること
介護保険係 介護保険料の賦課・徴収・給付、介護サービスに関すること
介護支援係 介護認定、介護支援に関すること

2.高齢者のために

「各種サービス」

こんな人が こんなときに こんなサービスを
ひとり暮らし・高齢者世帯の人 寝具類の洗濯・乾燥をしたいとき 寝具乾燥などのサービス: 水洗いおよび乾燥消毒車による乾燥消毒などを行います。(利用者負担あり)
ひとり暮らし・高齢者世帯の人 日常生活で家事などの援助が必要なとき 介護支援ホームヘルプサービス:ホームヘルパーが炊事・洗濯・買い物・掃除などの支援をします。1時間0円または950円 ※要相談
ひとり暮らし・高齢者世帯の人 軽微な家屋修繕、雪かきなどをしてほしいとき 軽度生活支援サービス:日常生活の軽度な援助を実施します。1時間0円または400~800円
ひとり暮らし・高齢者世帯の人 心臓疾患などの慢性疾患がある人や、急に具合が悪くなったときの連絡方法が不安なとき 緊急通報システム:通報により緊急要員・協力員がかけつけます(課税状況により利用者負担あり)
認知症の人 認知症で徘徊があるとき 徘徊高齢者位置情報提供サービス:徘徊高齢者の居場所を探す機器を貸し出します。1カ月0円または1,400円
車いすを利用して外出する人 病院・福祉施設・行政機関などに外出したいとき 外出支援サービス:家族が目的地まで送迎する車いす搭載可能な車両を貸し出します。1日60Kmまで100円
ひとり暮らしの人 日常の連絡方法が不安なとき 高齢者福祉電話貸与:電話機の貸し出しをします。(市民税非課税の人)
一般の高齢者 家族の病気やトラブルなどで、一時的に自宅での生活ができなくなったとき 高齢者緊急一時保護:老人ホームで短期間(7日間以内)のお世話をします。(利用者負担あり)
要介護3~5の人 失禁状態で常時おむつを使用しているとき(在宅介護に限る) 紙おむつ給付:紙おむつ(市の指定する枚数)を支給します
要介護4・5の人 自宅での生活をしやすくするため、介護用品が必要なとき 家族介護介護用品支給:介護している家族にオムツなどの介護用品を支給します
要介護4・5の人 要介護認定されてから、1年以上サービスを利用しないで介護しているとき 家族介護慰労金支給:介護している家族に年間10万円を支給します(市民税非課税世帯の人)

「虚弱高齢者介護予防サービス」(要治療者は除く)

こんな人が こんなときに こんなサービスを
筋力の低下が予想される人(※) 転倒などを起すことが多いとき、市が下肢筋力低下があると認めたとき 介護予防の筋力アップ:運動機能向上教室、ちょ筋教室
すみよい住まいづくり助成:手すりの設置について、かかった費用の1/2(5万円を限度)を助成します(市民税非課税世帯の人)
栄養状態の低下が予想される人(※) 食事の偏りや食事量が少ないとき 栄養改善:栄養指導、栄養改善給食(有料)
口腔機能の低下が予想される人(※) 飲み込みが悪いとき 口腔ケア:歯科衛生指導
閉じこもりがちな人 外出の機会が少なく、閉じこもりがちなとき 談話室:地域の身近な施設などで、地域の人と交流します
うつぎみな人 やる気がおきない、気力がわかないとき 地域包括支援センター職員などによる訪問指導など:基本チェックリストの結果を受けて実施
認知症が懸念される人 もの忘れが激しくなってきたとき

(※)生活機能が低下していて、要介護状態などになるおそれのある高齢者。

「敬老祝金」

長寿を祝し、88歳(10,000円)、99歳以上(10,000円)の人に敬老祝い金を支給します。(対象年齢時、9月1日現在で住民基本台帳に3カ月以上記載されている人)対象者には市から通知をします。

「結婚50周年記念品贈呈」

結婚50周年を迎えたご夫婦に記念品を贈呈します。募集は、市の広報で行います。

「老人憩いの家」

高齢者の親睦と交流の場として利用できるよう、3カ所の老人憩いの家を開設しています。

「はり・きゅう・マッサージ等費用助成」

65歳以上の市内居住者で、はり・きゅう等の施術が必要な人に利用券を交付します。申請は、健康保険証を持参して高齢者支援課で。

※申請書の提出月により交付枚数が異なります。

「シニア身分証」

60歳以上の市内居住者で希望する人に、氏名・年齢等の記入された身分証を発行します。申請は、切手を貼った返信用封筒(パウチ希望の場合は、縦2.5cm×横2cmの写真を1枚持参)を持参して高齢者支援課で。

「社会福祉センター」(初富802-116) 電話:444-0121

市民の憩いの場・健康増進の場として、教養や趣味の教室などの様々な催しを実施しています。

 開館時間 9:00~16:30
 休館日  火曜日、祝日(祝日が火曜日の時はその翌日も休館)、12月29日から1月3日

「老人クラブ」

市内には31の老人クラブがあり、同じ地域に住むおおむね60歳以上の人が、教養の向上、健康の増進、地域社会との交流を深めることなどを目的に活動しています。
(活動内容)
ゲートボール、グラウンドゴルフ、歩く会、ペタンク、民謡、詩吟、踊り、囲碁、将棋、地域活動など。

「シルバー人材センター」電話:443-4145

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づいて事業を行っている公益法人で、襖や障子の張替え、庭木の剪定などを有料で行っています。

pagetop