ホーム >> 社会福祉 >> 災害時の避難サポート

地域のみんなで高齢者や障がい者を災害から守る

鎌ケ谷市災害時要援護者避難支援計画

地域ぐるみで災害時要援護者をサポートするための仕組みをつくります。

災害時要援護者避難支援制度とは?

提供:yahoo!Japan東日本大震災写真保存プロジェクト

災害が起きた時に、ひとりで避難することが困難で手助けが必要な高齢者や障がい者などの方(災害時要援護者)が、地域のなかで支援を受けられるようにするための地域のみなさんと市との協働の取り組みです。

地域防災対策上の重要な課題

被災者の救護活動 提供:東京消防庁

災害が発生した時、より被害を受けやすく、避難に手助けを必要としているのは高齢者や障がいのある人、また乳幼児や児童など、災害時要援護者といわれる人々です。過去の災害においても、高齢者など災害弱者といわれる多数の方が犠牲となりました。一方、阪神淡路大震災では、約8割の方は、近隣の力により救出されたという報告もあります。

要援護者を地域ぐるみでサポート

提供:(財)消防科学総合センター

こうした災害時要援護者の被害を最小限にくい止めるには、行政と自治会などの地域組織、地域住民などの避難支援体制を確立しておくことが重要です。そこで、市では支援を必要とする人の個別計画への登録を呼びかけています。支援を必要とする人は、ご近所の人などで避難の手助けをしてもらえる人を地域支援者として選任し、個別計画に登録していただきます。登録した情報は、いざという時のために地域支援者、自治会や民生委員の方などと共有し、地域ぐるみで災害時要援護者をサポートする仕組みをつくります。

災害時要援護者避難支援の流れ

災害時要援護者避難支援の流れ

対象となる人は誰ですか

在宅で日常的に周囲の支援を必要とする人、災害が起きた時に、自分ひとりで移動することや情報を得ることが難しく、避難するために何らかの手助けが必要となる人などです。

  1. 身体障害者手帳1、2級を所持する方
  2. 療育手帳(知的障がい)A(※Aの丸)~B2を所持する方
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級を所持する方
  4. ひとり暮らし高齢者の方
  5. 高齢者のみの世帯の方
  6. 要介護2以上の方

地域支援者とはどういう人ですか

災害が起きた時に頼りになり、また、助け合っていくことができるのは近隣の人です。ご自身の避難の手助けをしてもらえる地域支援者は、近隣の方にお願いしてください。「支援をお願いするかどうか」だけでなく、普段から気軽に話せる関係をつくるといった心がけも重要です。

登録したいのですが、どうすればいいですか

登録を希望する人は「登録申請書兼登録台帳(個別計画)」を鎌ケ谷市社会福祉課に提出してください。また、登録台帳の写しは、地域支援者にもお渡しください。登録した情報は、いざという時のために地域支援者、お住まいの地域の自治会(自主防災組織を含む)、民生委員の方などと共有します。

災害発生から避難までの流れはどのようになりますか

※災害の状況によっては、この流れのとおりにならないこともあります。地域支援者には、要援護者への日頃の声かけや、いざというときの安否確認、避難の手助けをお願いします。ただし、できる範囲での支援であり、責任を伴うものではありません。

鎌ケ谷市災害時要援護者避難支援登録申請書兼登録台帳(個別計画)に登録したい←クリックすると、申請書が開きます。

※申請書をダウンロードしたい場合は、書類へのリンク部分を右クリックし「対象をファイルに保存」や「名前をつけてリンク先を保存」でダウンロードできます。

pagetop