ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 12月1日号 口腔がんのセルフチェック

12月1日号 口腔がんのセルフチェック

口腔がんのセルフチェック

 口の中にもがんができることをご存知ですか?日本における口腔がんの罹患(りかん)率は、がん全体の2~3%ですが、生命に関わる重大な病気です。50歳以上の人や男性が罹患しやすい傾向があります。
口腔がんの予防には、過度の喫煙と飲酒を控えることが大切です。また、折れた歯や欠けた歯、合わない詰め物は、粘膜や舌を傷つけたり、慢性的な刺激を与えるため、早期に治療しましょう。

早期発見のためのセルフチェック方法
明るい場所で鏡を用意し、入れ歯があれば外します。
●治りにくい傷・しこり・腫れ・できものがないか
●粘膜のただれや赤い斑点、こすっても取れない白い斑点がないか
●2週間以上治らない口内炎がないか

 口腔がんは口腔内のどこでも発生します。特に多いのは歯茎や舌です。毎日の歯みがきの際にセルフチェックを行い、気になる症状が見られた場合は、早めにかかりつけ歯科医や口腔外科を受診しましょう。

健康増進課

pagetop