ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 9月15日号 子供の便秘に悩んでいませんか?

子供の便秘に悩んでいませんか?

 便秘とは週に3回以上便が出ない、または5日以上排便がない状態を言います。毎日出ていても便が硬くて出し難い、硬い便で肛門が切れて出血を伴う場合も便秘と言えます。子供の便秘は、大人と違って直腸にたまるため出したいのに出し難いといった状態にあります。排便時の痛みや不快な排泄の体験を繰り返してしまうことで、苦しいから出すのを我慢する、我慢するからますますたまって硬くなってしまう、という悪循環に陥ります。

 子供の便秘は、治療せず放置すると慢性化し重症化していきます。

 便秘の治療では、まず、硬くなった便を薬で柔らかくし排便を促し、生活習慣・排便習慣の改善、食事療法で効果をみます。効果が不十分な場合は下剤で腸にたまった便を出してあげることが必要です。また、便意を我慢しないことも重要です。便秘には、器質的な疾患が隠れていることもあるので、便秘で困ったらかかりつけ医に相談しましょう。

鎌ケ谷市医師会

pagetop