ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 11月15日号 夜尿症について

歯科衛生士のお仕事

 皆さんは歯科衛生士ってご存じですか?

 歯科医の大切な仕事のパートナーに歯科衛生士がいます。

 歯科衛生士は、歯科疾患の予防や口腔衛生の向上のため、歯や口腔をはじめとした健康づくりをサポートする国家資格が必要な専門職です。厚生労働省では、高齢になっても自分の歯で美味しく食事できるように取り組みとして始めた「オーラルフレイル予防」等を推進しており、国全体で口腔ケアの意識が高まっています。いつまでも健康にイキイキと過ごすためには、幼いお子さんから高齢者に至るまで、トータル的な歯科疾患の予防や口腔衛生の向上は必須です。そのサポートを担う第一人者が「歯科衛生士」というわけなのです。歯科衛生士の活動の場としては、歯科診療所や大学病院の歯科が一般ですが、最近では、歯や口腔全体を通じた健康づくりが注目されはじめ、市町村の保健センターや幼稚園・保育園、教育機関、老人介護施設、療育センター、企業の医務室など、歯科衛生士の活躍の場が広がっています。

(公社)船橋歯科医師会

pagetop