ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 10月15日号 防災グッズに歯ブラシを!

防災グッズに歯ブラシを!

 避難所生活では水が不足しやすく、口の中を清潔に保つことができずに、口の中の菌が体を巡ってしまうと、体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 特に高齢者は、口の中で増殖した細菌が食べ物や唾液と一緒に気管に侵入して、「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」を起こしやすくなるので注意が必要です。

 阪神淡路大震災では、震災に関連した肺炎で200人以上の人が亡くなっています。

 災害時のみでなく普段から、口の中を清潔に保ち、かかりつけ歯科医院に定期的に通うことで、口の中の細菌数を減らすことが大切です。

防災グッズに入れて欲しい口腔(こうくう)ケアグッズ

●歯ブラシ●液体歯磨き●口腔ケアシート●コップ

液体歯磨きの使い方

 適量を口に含み、20秒ほどうがいをして口に行き渡らせた後、歯磨きをします。磨いた後にゆすぐ必要がないので、災害時など水がない場合でも使えます。※液体歯磨きと洗口液は異なります。商品のパッケージに使い方が記載されているので確認しましょう

健康増進課

pagetop