ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 12月15日号 口腔ケアで免疫力アップ!新型コロナウイルスの重症化予防を

口腔ケアで免疫力アップ!新型コロナウイルスの重症化予防を

 新型コロナウイルスが蔓延し世界中の多くの人々を苦しめています。ワクチンや治療薬の開発がまたれるなか、さまざまな専門家が「歯周病治療などお口の衛生管理や口腔ケアを行なうことで、新型コロナウイルスの感染・重症化のリスクを低下させられる可能性がある」との見解を示しています。

 ウイルス感染を重症化させないためには、免疫力を高めておくことが大切です。そのためには、咀嚼(噛む)機能を良好な状態に維持しておく必要があります。なぜなら、食べ物をしっかりと噛めないと、栄養バランスが糖分過剰に偏り、糖尿病の悪化や著しい免疫力低下を招いてしまうことがあるからです。しっかり噛めれば唾液の分泌量が増え、免疫力の助けになります。

 適切な口腔ケアがなされずしっかり噛めないと、低栄養からウイルスに感染しやすくなり、死亡率が高まるリスクがあるといわれています。そのため、お口の健康に問題のある方は、しっかりと噛める状態を維持するためにも、お口の病気を放置せず、口腔ケアをきちんと受けることが大切です。

 お口の健康は体の健康に大きく関わっています。口腔ケアでお口の中を衛生的な状態にしておくことで、体の健康が改善され、ウイルス感染や重症化を防げる可能性があります。多くの歯科医院は新型コロナウイルスが流行する以前より、徹底した感染防止対策をとり、診療を行っております。

 お口の問題を抱えておられる方、歯周病治療に取り組まれている方などは、放置、中断せず、かかりつけ歯科医にご相談ください。

(公社)船橋歯科医師会

pagetop