ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 1月1日号 口腔(こうくう)がんのセルフチェックをしよう!

口腔(こうくう)がんのセルフチェックをしよう!

 口腔がんをご存知ですか?口腔がんは日本で年間約6,000人がかかり、約3,000人の人が亡くなるといわれています。早期がんの5年生存率は90%ですが、進行がんでは50%と低くなります。治療しても機能障害が残ることがあり、早期の発見と治療が重要です。

 口腔がんは、口の中でも舌や歯茎によく見られ、口の中を観察すれば自分でも発見できる病気です。初期段階では痛みが少なく、痛みが出てきたときにはすでに進行しているケースが多くみられます。

 毎日セルフチェックを行い、気になる症状が見られた場合には、放置せずに早めにかかりつけ歯科医や、口腔外科を受診しましょう。

かかりやすい要因

  • ●喫煙
  • ●飲酒
  • ●口の中の衛生状態が悪い
  • ●虫歯の放置
  • ●合わない義歯や、被せ物、口の乾燥などによる慢性的な刺激
  • ●栄養不良

 

セルフチェック

  • 腫れやしこりはないか?
  • 口腔内に痛みはないか?
  • 粘膜が赤くなっていたり、白くなっていないか?
  • 2週間以上治らない口内炎があるか?
  • 合わない入れ歯を使っていないか?
  • 舌や頬の動きが悪くなっていないか?
  • 口臭はないか?
  • 歯のぐらつきはないか?

 

健康増進課

pagetop