ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 1月15日号 短時間でもいいランニングのすすめ

短時間でもいいランニングのすすめ

 ランニングが健康にいい、ということを耳にしたことがない方はあまりいないと思いますが、実際にはしていない、という方も多いのではないでしょうか。かく言う私自身もしていないうちの一人です。

 科学的には、ランナーは非ランナーと比べて30%死亡率が低い、血管年齢が若返る、認知症のリスクが減る、などの結果を示す論文がここ10年くらいで出ています。とは言っても毎日走ることなんてできない、30分も走れない、と思っている方も多いと思います。今回はそんな方々に朗報です。ノルウェーの研究では、ランニングのように汗をかく運動を週に1回行うだけで心臓血管疾患で死亡するリスクは下がることが報告されており、5-10分ゆっくり走るだけでも、まったく走らないのとは違うという結果が出ているのです。

 なかなか時間が確保できない方でも、週に1回ごく短時間でもランニングするだけでも間違いなく健康にはいいのです。もしランニングが難しい方でも、同様に考えればウォーキングでも構わないでしょう。ハードルを上げずに、まずはできる範囲で週1回でも月1回でも体を動かすこと、そこからでも遅くはありません。

 

鎌ケ谷市医師会

pagetop