ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 11月1日号 11月8日は「いい歯の日」

11月8日は「いい歯の日」

 11月8日「いい歯の日」は、「8020(ハチマルニイマル)運動?80歳になっても自分の歯を20本以上保とう?」の一環として制定されました。この運動は、「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保っていただきたい」という願いを込めて、日本歯科医師会と厚生労働省が共に推進しています。

 「いい歯(歯の健康)」を保てずに、失ってしまう大きな原因の一つとして、「歯周病」があります。ただ歯磨きをしているだけなのに、歯茎から血が出たり、歯茎が赤く腫れていたり、といった経験はありませんか?これらの症状がある場合は、歯周病の恐れがあります。歯周病は「サイレント-ディジーズ」と呼ばれ、自覚症状がないことが大きな特徴です。痛みがなく歯の健康に自信のある人でも、定期的に歯科医院で健診を受け、早期発見-早期治療に努めましょう!

 市では、20歳から70歳までの節目の年齢の人に歯周病検診を実施しています。対象者には受診券を送ります。再発行もできるので、お気軽に健康増進課(?445-1394)へご連絡ください。

健康増進課

pagetop