ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 7月1日号 代用甘味料とむし歯予防

代用甘味料とむし歯予防

 代用甘味料とは砂糖の代わりに用いられる甘味物質のことです。ダイエットや糖尿病の糖質制限などに利用されていて、様々な種類があります。

 ところで甘いものを食べるとむし歯になることはご存じでしょうか。それはむし歯菌が甘い砂糖をエサにして酸を作り、歯を溶かしてしまうのです。しかし、むし歯菌のエサにならない代用甘味料を使えば、甘くてもむし歯にならない食べ物を作ることができます。つまり、代用甘味料はむし歯予防にも使われているのです。

 むし歯予防に用いられる代用甘味料として糖アルコール(キシリトールなど)や非糖質系甘味料(ステビアなど)があります。ガムやあめ、タブレットなどに使われ、むし歯になりにくいお菓子として販売されています。

 また、このようなお菓子の中には「特定保健用食品(トクホ)マーク」や「歯に信頼マーク」(歯が傘をさしているマーク)がついているものがあります。おやつに選んでみてはいかがでしょうか。砂糖を使った食品はたくさんあるので、定期的に歯科医院を受診されることをお勧めします。

(公社)船橋歯科医師会

pagetop