ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 7月15日号 「食中毒にご用心!!」

「食中毒にご用心!!」

 夏場は食中毒菌が増えやすく、食中毒の発生が多い時期です。通常の「腐敗」とは違い、臭いや形状ではわからないこともあります。乳幼児や高齢者などは重症化しやすいため、食品の取り扱いに注意が必要です。次の原則を守り、食中毒予防に取り組みましょう。

食中毒予防の3原則

付けない

●調理前、トイレ後、生肉・魚・卵を扱った後はよく手を洗う

●調理器具は、すぐに洗い流し消毒をし、常に清潔な物を使う(生の肉や魚を扱った後は特に注意)

増やさない

●食材の購入時は、保冷剤を入れたエコバッグなどを使用し、すぐに持ち帰る

●保存温度は冷蔵庫で10℃以下、冷凍庫で15℃以下にする

●調理後は長時間室温に置かない

●食品の解凍は冷蔵庫内か電子レンジで。再冷凍は危険なため控える

やっつける

●加熱して調理する食品は十分に加熱する(中心部の温度が75℃で1分間以上が目安)

●電子レンジの加熱不足に注意し、熱の伝わりにくい物は時々かき混ぜる

健康増進課

pagetop