ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 8月1日号 「たばこと新型コロナウイルス感染症」

「たばこと新型コロナウイルス感染症」

禁煙にチャレンジしてみましょう!

たばこによって肺が脆弱な状態で新型コロナウイルスに感染してしまうと、さらに肺を痛めつけて重症化させてしまいます。

また、たばこを吸う際に口元に手を近づけることは、感染リスクを高めることにも繋がります。さらに、3密(密閉・密集・密接)の場である喫煙室の使用は、感染の危険と隣り合わせであるだけでなく、ベランダや換気扇の下で喫煙をしても、たばこの煙は室内に流れ込み、家族や近隣住民への受動喫煙は防げません。

鎌ケ谷市の現状

令和元年11月に実施した、15歳以上の市民3000人を対象にした鎌ケ谷市民健康意識調査において、喫煙している割合は約1割で、その約半数が「たばこをやめたいと思うことがある」と回答しています。

あなた自身と家族、周りの人を守るために、禁煙にチャレンジしてみましょう。

健康増進課

pagetop