ホーム >> 健康づくり >> 健康だより >> 11月1日号 いい歯の日~ウィズコロナ時代の歯磨き方法~

いい歯の日~ウィズコロナ時代の歯磨き方法~

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症は、唾液による飛沫感染のリスクの高さが指摘されています。日常行っている歯磨きや、うがいをした際に出る飛沫によって、本来、口の中をきれいにする歯磨きが逆に危険ではないかと心配になる人もいるかと思います。そこで今回は「ウィズコロナ時代の歯磨き方法」についてお伝えします!

 日本歯科医師会の実験で、口を閉じて歯磨きをすることにより飛沫が飛び散らないことが分かりました。感染防止として、換気は一番重要ですが、歯磨きのやり方を工夫することでも感染対策ができます。

唾液飛沫を飛ばさない歯の磨き方のポイント

  • ●小さめの歯ブラシを使う
  • ●口を閉じて磨く
  • ●静かに吐き出す
  • ●人との距離を保ち、会話をしない

職場などで歯磨きを行う際にはエチケットとして、「ウィズコロナ時代の歯磨き方法」をぜひ実践してみてください。

健康増進課

pagetop