ホーム >> 障がい福祉 >> シンボルマーク

シンボルマーク

シンボルマークは、障がいについてわかりやすく表示することにより、まわりの人が障がいのある方に配慮したり、障がいに配慮した施設であることを表すことを目的とします。

障がい者が利用できる建築物や施設であることを示す世界共通のマークです。マークの使用については、国際リハビリテーション協会の「使用指針」により定められています。このマークは、すべての障がい者を対象としたもので、車いす使用者だけを限定するものではありません。(公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会)
このマークは、世界盲人連合(WBU)が定めた世界共通の国際シンボルマークです。WBUによれば、「このマークを手紙や雑誌の冒頭に、あるいは歩行用に自由に使用してよい。色はすべて青にしなければならない」としています。横断歩道の歩行者用ボタンでこのマークが使われ、視覚障がい者が安全に渡れるように信号時間が長めに調整されています。(世界盲人連合)
このマークは、世界ろう連盟(WFD)が定めた世界共通の国際シンボルマークです。定期刊行物やポスターで使用されたり、聴覚障がいの方が通訳やその他のサービスを受けられる場所でも使用されています。(世界ろう連盟)
聴覚障がいの方であることを表す国内で使用されているマークです。聴覚障がいは、障がいそのものが分かりにくいため誤解されたり不利益や危険にさらされるなど、社会生活で不安が多くあります。このマークのカードやシールがあり、これを診察券・通帳・保険証などに貼ることで聴覚障がい者であることを理解してもらえます。(社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会)
このマークは、心臓疾患などの内部障がいがあることを示すシンボルマークです。内部疾患や障がいが外見からは分からないため、社会に十分に理解されずに苦しんでいる人がいます。そのような方たちの存在を視覚的に示し、電車の席を譲ったり近くでの携帯電話の使用を控えたり、広く協力を呼びかけています。(内部障害者・内部疾患者の暮らしについて考えるハートプラスの会)
このマークは、オストメイト(人工肛門、人工膀胱を使用している方)を示すシンボルマークで、オストメイト対応トイレであることを示すためトイレの入り口に表示するものです。なお、「オストメイト対応トイレ」とは、排せつ物の処理、腹部の人工肛門周辺や装具の洗浄などができる設備のあるトイレです。(公益社団法人 日本オストミー協会)
このマークは、補助犬の普及を啓発するために、補助犬を受け入れる施設や店などの入り口などに貼るものです。補助犬とは、身体障害者補助犬法で定められた「盲導犬・介助犬・聴導犬」の3種類を指します。一般のペットとは異なり、補助犬としての能力を認定された犬だけが「補助犬」と名乗れます。(厚生労働省 社会・援護局)
このマークは、肢体不自由であることを理由に、免許に条件を付されている運転者が運転する場合に表示します。その障がいが自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときは、この標識を表示して運転するよう努めなければなりません。このマークを貼った車両への幅寄せや割り込み行為は禁止されています。(各警察署 交通安全協会)
pagetop