ホーム >> NPOから提供する情報 >> [NPO独自取材] 身近な問題に取り組もう!!! part_1

高齢化社会を迎えて

身近な問題に取り組もう!!! part_1

我が国は世界有数の長寿の国として知られている。

これから述べようとする事柄に関して、難しいことを書くつもりは毛頭ない。高齢者に関する身近な問題は数多い。それらを解決するための基本的知識として、まずは基礎的な数字や問題点は大雑把でも、頭に入れておいたほうが良いだろうと思う。

 そんなことで、まずは現状を整理してみる。
2011年の日本人の平均寿命は女性85.90歳、男性は79.44歳であることが去る7月26日に厚生労働省から発表された。女性は前年より0.40歳縮み、26年連続していた世界一から転落、香港に次いで2位に後退した。男性も前年比0.11歳縮んで前年の4位から8位に下がった。これらの要因の一つとして、多数の死者をだした東日本大震災が、大きな影響をもたらしたものと予測される。

平均寿命は死亡率などを基に、その年に生まれた0歳の子どもが何年生きられるかを示すものだ。これは男女ともに09年が過去最高であった。 11年は猛暑で死者の増えた前年に続いて、2年連続で縮んだ。50か国・地域の中で1位は男女ともに香港。香港は女性が前年比0.8歳、男性は同0.4歳延びた。厚生労働省は「計算方式が異なるので、厳密な比較はできない」としている。これは全く同感するところである。

高齢者にとって、平均寿命は大きな意味を持たないだろう。最も関心のあるところは、平均余命であるとみて間違いあるまい。そこで、現在の年齢を基準として、その方があと何年生きられるか。主な年齢の平均余命の一覧表を示してみよう。表は平成20年現在のものである。

主な年齢の平均余命

年 齢
0歳 79.29歳 86.09歳
5歳 74.57 81.33
10歳 69.61 76.36
15歳 64.65 71.39
20歳 59.75 66.45
25歳 54.92 61.54
30歳 50.09 56.64
35歳 45.27 56.64
40歳 40.49 46.89
45歳 35.79 42.18
50歳 31.21 37.34
55歳 26.79 32.69
60歳 22.58 28.12
65歳 18.60 23.64
70歳 14.84 19.29
75歳 11.40 15.18
80歳 8.49 11.13
85歳 6.13 8.21
90歳 4.36 5.71
95歳 3.15 3.97
100歳 2.31 2.27

平成20年度の平均寿命は男性で79.29歳、女性で86.09歳であった。すなわち誕生した当初から男は女よりも7歳近く短命とされている。これは男女差別ではないのか(^o^)。神様はなぜ男女平等にはしてくれなかったのだろう???

長寿化・高齢化の進む中で、最大の問題は健康寿命であろう。いくら生命が延びても不健康で、家族や介護施設、ヘルパーさんの助けを借りて、ただ生命だけが維持されているのでは何の意味もない。

この健康寿命は男性で71.4歳であり、女性では75.8歳である。平均寿命から健康寿命を差し引くと、男性の不健康期間は7.89年であり、女性は10.29年となる。(不健康割合は男性で9.9%、女性で11.6%)

筆者の母は98歳まで生きた。しかし最後の3年間ほどはベッドに横たわったままであり、実妹の献身的な介護はあったものの、病院のベッドで半ば意識もないままに過ごした。延命治療は止めてもらい、自然なままに死を迎えた。

男性が短命な理由としては、癌になる割合が二人に1人に対して、女性は三人に1人である。また脳梗塞などの脳卒中も、男性側に圧倒的に多いことがあるかも知れない。女性の長生きは一見、結構なようだが、骨粗鬆症などによる骨折などにより、寝たきりとなるケースが多いようだ。各地の老人施設を見ても、入居者は圧倒的に女性が多い。そして認知症とみられる方の多さが目立つ。

これら施設の入居者だけ見ても、健康な寿命を全うしつつあるとは、とても思えない。痴ほう症で自分が何者か分からなくても生き続けることは出来る。平均的な余命は75歳の男性で11.4年。女性では15年もある。いまや80~90歳は当たり前の時代になった。
 延びた寿命、余命を如何に健康な余命とするかが最大の課題と言えるだろう。

老人、特に女性の生命力は強い。ベッド生活20年も珍しくない状態にある。しかし、こんな生活は本人は勿論望まないだろうし、家族も社会も望まない。如何に健康で明るい生活を迎えるべきか。団地や自治会単位でも真剣に考えている。
 次回からは、その具体的な実例に触れていこうと思う。

(C.W)

pagetop