ホーム >> 社会福祉 >> 原子爆弾被爆者の援護

原子爆弾被爆者の援護

1.原子爆弾被爆者見舞金の支給

原子爆弾被爆者(被爆者健康手帳所有者)に対し、見舞金を支給します。支給額は月額1,000円で、9月と3月に分けて支給します。原子爆弾被爆者見舞金の受給申請をしていない人は、社会福祉課(総合福祉保健センター4階)で手続きをしてください。

対象:市内に居住し、住民登録(外国人も含む。)をしていて、被爆者健康手帳の交付を受けている人

※受給申請には、被爆者健康手帳と印鑑・申請者本人名義の銀行口座が確認できるものが必要です。

2.被爆者健康診断

(1)定期健診、希望健診

被爆者を対象に年2回健康福祉センター(保健所)において定期健康診断(一般検査)を実施しています。また、委託医療機関において、希望に応じ年2回を限度として実施する健康診断(そのうち1回をがん検査に代えることができる)を実施しています。

(2)精密検査

検査の結果、さらに精密な検査を要する被爆者については、委託医療機関で精密検査が受けられます。

(3)被爆二世の健康診断

県内在住の被爆二世の方を対象に健康診断を実施しています。

※健康診断を希望する場合は千葉県庁健康福祉指導課援護恩給室(電話043-223-2349、FAX 043-222-6294)までお問い合わせください。

3.被爆者の相談

県が相談業務を委託している千葉県原爆被爆者友愛会にお問い合わせいただくか、習志野健康福祉センターまたは千葉県庁健康福祉指導課援護恩給室へお問い合わせください。

千葉県原爆被爆者友愛会 電話: 043-253-7768

習志野健康福祉センター健康生活支援課健康生活支援課
電話:047-475-5154 FAX:047-475-5122

千葉県庁健康福祉指導課援護恩給室
電話:043-223-2349 FAX:043-222-6294

pagetop